Feb 15 2018

『プリンセスになれる、厳選ロケーション』Vol.8~リトル・マーメイド編~

こんにちは、海外ウェディングプランナーの厚川です。

ヨーロッパウェディングでも、「海の見えるロケーション」は人気のキーワード。そして、連日お届けしているプリンセスロケーションシリーズで、海といえば、「リトル・マーメイド」。海を間近に臨む厳選ロケーションです!

 

① Villa Cimbrone – チンブローネ (イタリア・アマルフィ海岸)

ヨーロッパ屈指のリゾートエリアとして人気のアマルフィ海岸エリアにあり、この庭園にあるインフィニティテラスの為だけに訪れても損はないといわれるチンブローネ庭園。12世紀からの歴史を持つチンブローネの広大な敷地内は、一般公開される庭園エリアに加え、ホテルも。世界のセレブリティを魅了すると言われる屈指のラグジュアリーホテル内は、どこを撮ってもフォトジェニックです。海を見渡すロマンティックなロケーションは、大人のリゾートウェディングに相応しい上質なロケーションです。

 

 

② Villa Rothschild – ロスチャイルド庭園(フランス・コートダジュール)

ラグジュアリーなリゾート地として人気のコートダジュールエリアにおいても、高級ヴィラの立ち並ぶエリアとして存在感を示す、サンじゃんかキャップフェラ。広大な敷地内で一際目を惹くのが、ピンク色のヴィラ。そして、四季それぞれの花々が丹念に手をかけられて繁る庭園は、フランス、スペイン、イタリア、そして日本とまるで世界を旅するような感覚で楽しめます。こちらも高台にあり、数々のヨットが優雅に浮かぶヴィルフランシュシュルメールの海を眺めながらのウェディングは、海をテーマにするウェディングロケーションにぴったりです。

 

 

③ Castle Canevaro – カネヴァロ城 (イタリア・リグーリア地方)

イタリアンリビエラ・リグーリア地方にあるプライベートキャッスルは、正に海辺に建つ古城ロケーションです。プライベート感たっぷりに楽しめるガーデンウェディングは、海、そして古城をテーマにしたいカップルには大変おすすめのロケーションです。

 

 

どのロケーションも、上質でラグジュアリーなロケーションで、大人なウェディングにはぴったり。

海辺ならではの軽やかなドレスを纏って、海をテーマにしたウェディングはいかがですか?

 

 

 

ブログランキングというのに参加してみました。
楽しんで頂けたら、是非クリックをお願いします ↓↓↓

br_decobanner_20091028185104

le Maestro(ル・マエストロ)の
オフィシャルホームページはこちら↓↓↓
ウェディングに関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

site2

© 2017 le Maestro. All Rights Reserved.