よくあるご質問

Q1. ウェディングのベストシーズンを教えてください。
A1. 一般的なヨーロッパのベストシーズンは4月~10月ですが、同じヨーロッパ内でも北と南で気候条件が異なります。例えば、フランスやドイツなどは7~8月でも過ごしやすいですが、南イタリアやギリシャなどではこの時期はウェディングには暑すぎたりヨーロッパのバカンスシーズンと重なったりするので、現地でもウェディングに一番人気があるのは6月と9月になります。
ビーチリゾートなどは11月~3月は完全にオフシーズンとなり、ホテルなどもクローズしているところがほとんどですが、日本と比較すると冬でも十分に温暖な気候ですし、日本からのフライトがお得なので、そういった点ではお勧めです。また、パリやフィレンツェなどの街中では、冬のヨーロッパならではのロマンチックな雰囲気があるので、写真撮影にも適しているかと思います。

Q2. 日本での打ち合わせはどのくらい必要ですか?
A2. 基本的にコーディネーターは全員ヨーロッパに在住しているため、日本に帰国してのお打合せ(相談会)はオフシーズンの冬の期間に集中して行っております。そのため、1年以上前にお問合せを頂いているお客様とは一度は直接お目にかかる機会を設けられるのですが、そうでない場合、例えばお問合せのタイミングが相談会終了後などであったとしても、主にメールでのやり取りを中心に、必要に応じてお電話やスカイプ通話などでフォロー&サポートさせていただいておりますので、ご安心ください。

Q3. アテンド期間はどのくらいですか?
A3. 基本的にウェディング前日と当日の2日間になります。 この丸2日は100%お二人のために時間を空けておりますので、なんでもおっしゃってください。 もちろんお二人のプライベートな時間もお取り頂けますので、必要な時間だけサポート致します。

Q4. 航空券やホテルなどの予約もしてもらえますか?
A4. 私どもの本社は、個人旅行を専門にアレンジする旅行会社、(株)ブルーム・アンド・グロウ(兵庫県芦屋市)ですので、カップルのハネムーンからご列席のご家族の渡航手配まで、ご旅行についてもトータルに承ることが可能です。また、コーディネーターがヨーロッパに在住し各地に足を運んでおりますため、現地の穴場や旬な情報などに精通しております。フライトを含む旅行全行程の手配はもちろんのこと、ホテルのみ、送迎のみなどの単体での手配も可能です。ウェディングとご旅行の両方を総予算内でアレンジさせていただくこともできますので、ぜひお気軽にご相談ください。
株式会社 ブルーム・アンド・グロウ
<Bloom & Grow Co., Ltd.>
TEL: 0797-23-8740


Q5. 両親が来るので、添乗してくれますか?
A5. ウェディングのトータルコーディネーションをお申込みいただいた場合には、その延長サービスとして挙式の前後もアテンドをさせていただくことが可能です。ただし、ガイドライセンスは有しておりませんので、観光の案内はできません。あくまでご旅行のお供をさせていただき、お食事やショッピングのお手伝いをさせていただくレベルです。また、こちらのサービスは他のウェディングのスケジュールとの兼ね合い次第となりますため、まずはご相談くださいませ。

Q6. ドレスをレンタルすることは可能ですか?
A6. 私どもは決まったロケーションを持たないため、私どもの契約ドレスショップはございません。ロケーションによっては現地のショップでドレスをレンタルすることは可能ですが、基本的に日本人のサイズと欧米人のサイズに開きがありますし、短い滞在期間内でのお直しなどの日数も取りづらいため、あまりお勧めしておりません。基本的には皆様に日本からのお持ち込みをお願いしております。

Q7. 新郎の衣装をレンタルすることは可能ですか?
A7. ヨーロッパでは、基本的にウェディングの衣装をレンタルする風習がありません。実際ヨーロッパ人の結婚式を見ても、新郎の衣装はタキシードやフロックコートなどではなく、通常のスーツが一般的で、改めて新調するというケースも少ないようです。もちろん、タキシード等を日本でレンタルされてお持ちになる方もいらっしゃいますが、私どもの経験から申し上げれば、そのご予算で新しいスーツを新調されることをお勧めします。少々ご予算を足して、テイラーメイドなどで作られるのも良いでしょうし、新婦のドレスは一生に一度のものでも、新郎のスーツであれば他の機会に何度となくお召しになることが可能だと思います。

Q8. ウェディングの会場を前もって見ることはできますか?
A8. 場所によって異なります。ホテルのテラスやガーデンなどでしたらほぼ可能です。教会の場合でも、ご希望がある場合にはリクエストを致しますが、教会は土日がミサなどで使用できないケースが多く、曜日によっても条件が変わりってまいります。

Q9. 挙式リハーサルはありますか?
A9. 前日の現地コーディネーターとの打合せの際に、式次第の読み合わせや歩き方・立ち位置の確認などを行っております。教会の場合でも、下見ができない時には、ご宿泊のホテルなどで簡単な確認をさせていただくことも可能です。

Q10. 挙式の際、通訳してくれますか?
A10. こちらはロケーションに寄りますが、パーソナルコーディネイターが在住しているフィレンツェ、ミラノ、ニースの他に、パリ、ロンドンなど日本人スタッフの手配が可能な都市では通訳アテンドをつけておりますが、日本人スタッフのいないロケーションの場合は、英語を話す現地コーディネーターと直接やり取りをしていただくケースもございます。もちろん、その場合には別途通訳の手配も可能ですし、トータルコーディネーションをお申込みいただいた場合には、パーソナルコーディネーターが通訳の役割も務めてさせていただきます。

Q11. リハーサルヘアメイクは必要ですか?
A11. 日本人スタイリストの場合でも、外国人スタイリストの場合でも、ご希望のヘアスタイルやメイクのイメージなどを事前に画像で私どもへお送りいただき、そちらをスタイリストに転送しておりますので、もちろんリハーサルなしでも問題はございません。もし、当日を万全の態勢で迎えられたい場合には、やはり前日にリハーサルをされた方が安心かもしれません。外国人スタイリストの場合には、センスや言葉の問題などでご心配だとおっしゃる花嫁様もいらっしゃいますが、トータルコーディネーションをお申込みの上、前日のリハーサルメイクを予約していただければ、前日も当日もパーソナルコーディネーターが立会わせていただき、通訳としてだけでなくサポートをさせていただきます。

Q12. ブーケのアップグレードは可能ですか?
A12. 私どもでは基本的にブーケにランクを設けていません。ですから通常は、まずはご自身のご希望のブーケの写真を送っていただいて、そちらを現地に問い合わせる形をとっています。 私どももできる限り理想のブーケに近づけるよう努力いたしますが、なにぶん生花ですので、シーズンによっても入手可能なお花の種類が限られてまいります。また、ヨーロッパでは日本のように品種が豊富に揃っていないため、品種指定などもお受けできません。ですが、現地フローリストもできる限りイメージに近づけるよう、代替のお花で提案をしてくれたり、ドレスに合ったブーケを提案してくれたりしますので、まずはご相談くださいませ。

Q13. 誓いの言葉を自分たち流に変えることは可能ですか?
A13. 挙式スタイルにより回答は異なりますが、シンボリックウェディングであればご希望に添えるよう努力いたします。教会でのブレッシングウェディングの場合は、キリスト教のしきたりに則り、誓いの言葉を朗読することになりますので変更は難しいですし、シヴィルウェディングの場合も、その国の法律に則って遂行されるので変更は不可能です。

Q14. アテンドは必要ですか?
A14. トータルコーディネーションをお申し込みいただいた場合には、前後日のアテンドが可能です。私どもでは、挙式をスムーズに遂行するため、ご列席者が8名様以上の場合にはトータルコーディネーションをお申込みいただいておりますが、アテンドの必要性はお客様によって異なりますので、ご列席者がいないかもしくは7名様以下の場合でも、トータルコーディネーションをお申込みになられる方も多くいらっしゃいます。

【お問合せ窓口】

le Maestro (ル・マエストロ)
〒103-0027
東京都中央区日本橋3-2-14
日本橋KNビル4階
Tel: 03-5201-3029
Fax: 03-5201-3712
www.le-maestro.com
info@le-maestro.com

土・日・欧州祝日は勝手ながら
お休みを頂いております。

【本社】

Bloom & Grow Co., Ltd.
(株)ブルーム・アンド・グロウ
〒659-0096
兵庫県芦屋市山手町24-5
www.bloom-grow.jp

© le Maestro 2005-2017
All Rights Reserved.